にっくき!肌の垂れに抵抗してみました

Presented by:にっくき!肌の垂れ

年々肌の変化にため息をつくばかり。

そんな中でどうやっても改善されそうにないのが肌の垂れ。いろいろな化粧品を使っても効果はなく、やればやるほどたるみがひどくなってきたような気もするほど。

にっくき肌の垂れと立ち向かうためにはどうすればいいのか?真剣に考えて対処したい人のためのアンチエイジングサイトです。

エピソード1.芸能人の肌のたるみ対策は真似できるのか

この子は芸能人なのかどうかよく分からないのですが、笑ってもこのプリっとした頬とか羨ましすぎます。今の私がやるとドレン!とした笑顔です。

いや、そもそも笑顔に見られているのか?何か違うメッセージとしてとらえられていないか心配になります。

本文>>芸能人の肌のたるみ対策は真似できるのか?

エピソード2.産後のたるみって放っておいて本当に戻る?

産後のお腹のたるみって、子どもが生まれたら自然に元に戻るといいますが、明らかに出産前よりたるんでいすんですよね。

本当にそのままで戻るのか?そのあたりについて書いてみました。

本文>>産後のお腹の肌のたるみは本当に戻るの?

エピソード3.たるみフェチ男性ってもしかしている?

肌のたるみって女性からしたら大敵なのですが、男性って女性のコンプレックスにハマる人もいるじゃないですか。極端な話ブス専とか。デブ専とか。

じゃあたるみ専っていないの?っていうちょっとおかしな話です。

本文>>肌のたるみが好きな男性は存在するか

特集1.日焼けは肌のタレを生む最悪の元凶!

日焼けってシミだけだと思っていませんか?

実は最近になって、紫外線こそが肌のタレの原因だということが分かってきたんです。これはMAXヤバイです!!

紫外線が肌に通ると弾力の元のコラーゲンを破壊していますからです。

そして日焼けしやすい肌ほど肌は垂れやすいと言えるということ。

いつまでも日焼けが浅くならない人は、それだけ紫外線の影響を受け続けているわけですから、見た目のためにも日焼けを早くもとに戻すスキンケアを実践するべきです!

日焼け肌を早く元に戻す方法はここを参照

日焼けしにくい肌=紫外線に影響されにくい=垂れない肌ということです。

いつも日焼けしたら色が戻らない人は要チェックですよ。

日焼けしてしまったら?

肌の垂れは日焼けによる紫外線ダメージが極悪。

でも思わず日焼けしてしまったらどうすればいいのか?

まず赤みがあるなら冷やすのが先決。そして赤みが引いてから保湿というのが鉄則です。

最近、ようやく日焼け後のアフターケアに保湿ということが広まってきましたが、赤みがあるのに保湿ケアしてしまっている人が多いですね。それはさらに刺激を与えてしまうっているので逆効果です。

急がなくても大丈夫なので、まずはしっかりと炎症を鎮めてから。その炎症が長引くほど肌細胞が壊れて元に戻りにくくなりますからね。

そして保湿です。

日焼け後に日焼け止めなどを塗る際は、特に入念に保湿してからにしましょう。